家具としいちゃん日記

昨日のカンブリア宮殿、見ました?


がんばっている企業、自治体など紹介する

テレビ東京系の番組、

カンブリア宮殿

私どもの大切な取引先である

『飛騨産業』が取り上げられました。

 

 

 

番組の冒頭、飛騨産業が造る椅子を

番組のホストでもある作家村上龍と

女優の小池栄子さんが座り、この感想 …。

 

「ずっと座っていたい椅子」というより、

「立ち上がるのが、いやになる椅子」

 

なるほど作家らしい、言い回し !!

でもその言葉に当てはまる

その座り心地、

木の優しさ、デザイン …. etc.

 

 

 

ずっと自信を持って、

皆様におすすめしてきた椅子たちが、

番組で改めて映されると、

「そうそう、それそれ、そうやねん !!」

と感慨ひとしお。

 

 

その椅子、

クレセントCRESENTと、SEOTO-EX、

どちらもお店にございます。

    CRESENT / クレセント

飛騨産業の誇る『曲木』の技術を

存分に楽しめるモデル。

また、アームの部分はずっと触っていたくなる優しい丸みと、

シートはお尻の丸みにフィットするよう座繰り加工がされてます。

SEOTO-EX

『腰に優しい椅子』

腰に負担をかけることなく、腰部椎間板のSラインそのままに、自然な姿勢で、長時間でも座っていられるシートと背もたれを実現。

立ち上がるのがイヤになる!!

ズバリ、この椅子です。

 

 

クウネルにて、

村上龍がうなった椅子に掛けてみてください。

 

きっと村上龍のように

「立ち上がるのがイヤになる …

ずっと座っていたいよ」と思っていただけます。

 

 

そして『飛騨産業』のものづくりに魅了されると思います。

 

 

 

この記事をシェアする

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

▲PAGE TOP