「クウとネル」の取扱商品アイテム

HOME>ITEM/取扱商品

クウとネルおすすめの商品と各アイテムの選び方を少しご紹介します。
全てクウとネルで取り扱っていますので、ご興味あるかたはお気軽にお問い合わせください。
スタッフから詳細やおすすめ点をご説明します。

ベッド

ベッド選びのPOINT

「ベッドが欲しい。」と思ったら、まずあなたの体に合ったベッドサイズを確認し、ゆっくり休めるベッドを見つけましょう。
一般的に狭いと感じさせない大きさは肩幅+30cm といわれています。
実際にメジャーで計って来店いただくとより感覚を掴みやすくなります。


1人用

シングル 100cm×200cm 1人で寝る標準サイズ。但し、大柄の男性なら、窮屈かも!?
セミダブル 120cm×200cm ゆったりと寝るならこのサイズ。寝返りをしても余裕あり。
大人1人と小さい子ども1人くらいだと寝ることは可能です。
掛け布団はシングルサイズで OK。

2人用

ダブル 140cm×200cm 2人で寝る標準サイズ。
ワイドダブル
(Q1クイーン)
150cm×200cm 2人で寝るのに少し余裕が生まれます。ゆったりサイズではないものの、大人2人と小さい子ども1人の3人なら、寝られるサイズ。最近ではダブルよりこちらのサイズのほうが主流です。掛け布団は、ダブルサイズでもOKですが、大柄の方やたっぷりめで使いたい方は、クィーンサイズの掛け布団を選んで下さい。
Q2クイーン 170cm×200cm ベッドフレームは1台ですが、マットレスが2つに分かれています。そのため、1人1人独立したマットレスを使う感覚。しかし、マットレス中央部分を使うには2枚の割れ目感を感じる人もいるので、真ん中に大の字で寝るというには、ちょっと・・・現在は、ワイドダブルが主流になっており、Q2クィーンは選べるフレームの種類が少ない。
キング 200cm×200cm 1つのフレームにシングルマットレスを2枚セットしたベッドをキングサイズと呼びますが、現在はシンプルなシングルベッドをくっつけて、キングタイプとして使うことのほうが主流です。
シングル+シングル 200cm×200cm ツインタイプは、2人でおやすみになるサイズとしては、理想型。ゆったりとしたホテルの客室といった感じ。
2台をくっつける置き方と2台の中央に通路をとってはなしておく方法があります。通路をとるなら少なくとも40cmをベッドの横幅サイズにプラス。
シングル+セミダブル 220cm×200cm
セミダブル+セミダブル 240cm×200cm

電動リクライニングベッド

  • 1モーター 背上げor背上げ脚あげが同時
  • 2モーター 背上げ脚上げが独立&連動可能
  • 3モーター 背上げ脚あげが独立&連動可能+昇降運動
▽ 医療・介護用ベッド
主に病院で用いられるベッド。マットレス幅はシングルサイズより小さい88cm。 しかしフレームに差込タイプのサイドレールを取り付ける為にフレーム全体の寸法は、シングルベッドの寸法とかわらりません。選べるマットレスの種類は意外と少いので、寝心地というよりは、リクライニング機能で選びたいという方に。
▽ 一般リクライニングベッド
サイズはシングルサイズに加えてセミダブル(なかにはダブルサイズ)と選べ、一般のベッドの寝心地にリクライニング機能をつけたといった感じなので、こちらはライフスタイルに合わせ、1モーターから3モーターも選べるし、 好みのマットレスをセットできたりするもので、幅広い世代に使ってもらえます。 パーソナルチェアー代わりとしてマットの背部分を起こし、寝室で本を読んだり、DVDやTVを見るのにもいいですよ。

寝装品

掛け布団

羽毛ぶとんイメージ出来れば羽毛布団。暖かく、軽いことはもちろんですが、体にまとわりつく性質があるので、ベッドなど高さからも落ちにくいので、夜、気が付いたら布団をきていなかった・・・というようなことが少ない。また雨や曇りの日が多い北陸には1番の重要ポイントの『布団を干す』という必要がないこともおすすめポイントです。
ベッドのサイズがシングル&セミダブルなら、掛け布団はシングルサイズで。ダブルサイズにはもちろんダブルサイズですが、ワイドダブル(Q1クィーン)サイズ以上なら、ダブルの掛け布団でもいいですが、ゆったりと使いたいならば、やっぱりクィーンサイズ210cm幅のものを。
一番のおすすめは、季節や気温にあわせて厚みの違う2枚重ねのオールシーズン羽毛布団を。2枚の厚みの違う羽毛布団を合わせたり、分けたりすることで、布団の厚みをご自分で調整でき、1年を通じて快適な睡眠環境がつくれます。

BEDパッド

ベッドパッドイメージベッドには敷き布団は使いません。
使うのは、ベッドパッドです。見落とされがちですが、ベッドパッドは寝心地を支える重要なアイテムです。
羊毛やキャメル、コットンなどの天然素材のものと、ポリエステルなど化繊綿のおおまかに2つに分かれます。特に羊毛やキャメルなどの動物性の天然素材のベッドパッドは、弾力性と嵩高性・耐久性に富むので、中~上級クラスのマットレスにはぜひともこちらをセットしてほしい。マットレスの寝心地や耐久性もさらにアップします。コットンや麻の素材のベッドパッドは、湿気を吸収し、空気をたっぷり含むので、高温多湿の日本の気候でもさわやかに使用できますが、羊毛などに比べ、まめに干すことが、快適に使用できる重要要素になり、使っていくうちに厚みが薄くなりやすいことはマイナスポイントです。どちらかとゆうと、硬めのマットレスと相性の良いパッドです。ポリエステルなど化繊綿のベッドパッドは、比較的安価です。天然素材のものよりも復元力が少ないので、厚みが薄くなる年数は早めです。お子様用や汚れたり、薄くなったら買い替えようというつもりで、選んでみて下さい。
現在出回っているベッドパッドは、ご自宅洗濯できるものも多くなっています。でも1番のお手入れは、干してベッドパッドを乾燥し、ふんわりした状態に戻すことです。

ピロー

2-25マットレスや敷き布団と、首から頭にかけてすきまを埋める役割をはたすのが、まくらです。
ただまくらの好みはマットレス以上に複雑です。硬さや高さ・素材、体型や性別などの組み合わせで幾通りもの選択肢が生まれます。選び方のポイントとしては、
①頸椎の湾曲を理想的な状態に
②頭寒足熱の状態をつくってくれる。
③寝返りの補助をするもの。
頭と首を自然に支え、肩まで暖か。仰向きにも横向きにもフィットすることを理想とします。もう1歩踏み込んでいうと、マットレスや布団など使用されている寝具とのマッチングが大切だということ。あれこれ吟味して買ったのに、なんとなく気にいらない・・・。まくらが悪いわけではなく、寝具(寝心地)とのマッチしていないことが原因です。売場で実際に、使っている寝具の硬さにちかいマットレスや、買おうとしているマットレスとセットしてみて寝心地を試す。これがベストの眠る環境をベストな状態に近づける大きなポイントだと思います。
とりあえず高さや素材などの好みについての思いこみを横において、マットレスとの相性を重視して下さい。

BOXシーツ

2-26マットレスの汚れや表面のすり切れなどを防ぎます。
シーツをまめに洗濯することで、マットレスは清潔に保たれます。
平らな1枚布の「フラットシーツ」もありますが、マットレスに掛けやすいようゴムが付いたBOXシーツがおすすめです。

 

掛け布団カバー(コンフォーターケース)・まくらカバー(ピローケース)

2-27ベッドのデザイン以上にお部屋の雰囲気をつくる重要アイテムです。
カラーやデザインを換えることで模様替えをしたようにもなります。

それとは別に羽毛布団やピローの暖かさやふんわり感十二分に出すなら、カバーリングの素材もかんじん!!  エジプト超長綿など絹のような光沢としなやかな風合いのものや、薄くて軽い生地のカバーリングを使うと、寝心地は理想的に。

ダイニングテーブル

ダイニングテーブル選びのPOINT

3~4人要では140~170cmが人気サイズです。奥行きは80~90cmのものが、ベストです。
家族の人数に合わせたサイズ選びを心がけましょう

サイズ

2人用

80cm or 100cm あくまで2人で使うならこのサイズ。場所が狭い場合このサイズになります。

4人用

120cm 昔はこのサイズがポピュラーでしたが、現在では135cm以上にサイズアップしています。
大人4人だと少し狭いかも・・・。
135cm 〜 150cm 4人用サイズで最もポピュラーなサイズです。デザインの選択肢も多いです。
165cm LD(リビング&ダイニング)タイプといわれるゆったりデザインのものはこのサイズが多いです。

6人用

150cm 〜 165cm 少し狭めの台所など限られたスペースで5、6人以上でテーブルを使いたいというご家庭にはこのサイズ。 4本脚のテーブルを選ぶのもポイントです。
180cm 6人用サイズの最もポピュラーなサイズ。デザインの選択肢も多いです。
200cm or 220cm 広いLDにゆったりとテーブルを置くなら200cm以上のもの。
このサイズは、イージーオーダーでサイズ注文をお受けする場合も多いですが、せっかくのスペースなら、納品日数が少しかかっても、 オーダーすべき。1cm刻みでサイズやカラー、素材などもオーダーできるので、満足感大!!

素材

天然木

ナラ 硬く耐久性に優れたナラ材は、おもに高級な家具に使われることが多いです。
もちろんテーブルの材料としても優秀で、落ち着いた質感、暖かみのある美しい木目は飽きがこず、『使い込む』といった使い方ができるよい材料です。
タモ ナラ材と同様、タモ材も硬く美しい木目の素材です。
ナラ材より木目がやさしいので、シンプルなデザインが生かします。
ラバーウッド ゴムを採ったあとの木です。一般的にあまり高額な家具には使用しません。
木自体はあまり硬くないので、ウレタン塗装などで表面を硬くコーティングします。永く使うとなんとなく少し、塗装がくたびれた感じが出てしまうこともあります。
パイン材 カントリータイプの北欧家具などによく使われます。パイン材特有の節が多いことや、テーブルなどに使う木としてはかなり柔らかいので、へこみやすいことを理解して使うべき素材です。

塗装

ポリウレタン塗装 近年最もポピュラーな塗装方法です。表面を硬く、ある程度の熱にも強いのが特徴です。名前から光った印象をもたれる方もおられますが、現在は天然木の風合いそのままに、まるで塗装していないかのような感じにも仕上げることができます。
食事など汚すこともある木のテーブルには、この塗装方法がおすすめです。
(だだし、あまり熱いものをのせることはダメですが、あまり神経質に使う必要がありません。)
ラッカー塗装 少し昔は多かった多かったこ塗装方法です。少し塗装が柔らかいので、少し熱いものをのせても型が付きやすかったりしました。しかし、再塗装がしやすいため、何世代にもわたって使う『北海道民芸家具』などは今でもこの塗装方法が用いられています。
自然塗装 植物系オイルや蜜蝋ワックスで仕上げます。簡単なメンテナンスはご家庭出来ます。木の風合いをそのまま活かす塗装方法ですが、しかし水滴や油とびなどでテーブルにしみや傷が出来やすいことを理解して使うべきです。定期的にメンテナンスが必要なので、時間がない方やめんどくさがりにはおすすめできません。
この記事をシェアする

▲PAGE TOP